[Home]

[法律サブノート トップ]

[副業関連記事一覧]

 

 

                            行政書士法

 

1. この法律は、行政書士の制度を定め、その業務の適正を図ることに

より、(  )に関する手続きの円滑な実施に寄与し、(  )の利便に

資することを目的とする。

1の2.@ 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、(   )に提

出する書類その他(    )又は(    )に関する書類(実地調査

に基づく図面類を含む)を作成することを業とする。

 A 行政書士は、前項の書類の作成であっても、その業務を行うことが

(    )において制限されているものについては、業務を行うことが

できない。

1の3. 行政書士は、前条に規定する業務のほか、他人の依頼を受け報

酬を得て、同条の規定により行政書士が作成できる書類を(    )に

(  )する手続きを代わって行い、又は当該書類の作成について(  )

に応ずることを業とすることができる。

2. 次の各号の1に該当するものは、行政書士となる資格を有する。

 1 (    )に合格した者。

 2 (    )となる資格を有する者。

 3 (    )となる資格を有する者。

 4 (    )となる資格を有する者。

 5 (    )となる資格を有する者。

 6 (  )又は(    )の公務員として行政事務を担当した期間

がこれを通算して(  )年以上(次条第1号に該当する者にあっては( 

 )年以上)になる者。

3. 次の各号の1に該当する者は、行政書士試験を受けることができる。

 1 (    )(昭和22年法律第26号)による(    )を卒

業した者その他同法第56条に規定する者。

 2 (  )又は(    )の公務員として行政事務を担当した期間

がこれを通算して(  )年以上になる者。

 3 (    )の定めるところにより、前号に掲げるものと同等以上

の知識又は能力を有すると認められた者。

 

 

 

4.@ 行政書士試験は、(    )が、毎年(  )回以上行う。

 A 行政書士試験は、行政書士の業務に関し必要な(  )及び(  )

について行う。

 B (    )は、行政書士試験の施行に関する事務を(    )

に委任するものとする。

 C 行政書士試験を受けようとする者は、(  )で定めるところによ

り、試験手数料を(    )に納めなければならない。

 D 前4項に規定するもののほか、試験の科目、受験手続きその他行政

書士試験に関し必要な事項は、(    )で定める。

5. 次の各号の1に該当するものは、第2条の規定にかかわらず、行政

書士となる資格を有しない。

 1 未成年者

 2 禁治産者又は準禁治産者

 3 (    )で(  )を得ない者。

 4 (  )以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり又は執行を

受けることがなくなってから(  )年を経過しない者。

 5 公務員で(    )の処分を受け、当該処分の日から(  )年

を経過しない者。

 6 第6条の5第1項の規定により(    )の処分を受け、当該処

分の日から(  )年を経過しない者。

 7 第14条第1項の規定により(    )の処分を受け、当該処分

の日から(  )年を経過しない者。

 

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)

 

 * 条文の最新版等は下記を参照して下さい。

行政書士受験六法

(行政書士受験六法編集委員会・編) 東京法令出版

最新 宅建六法

(住宅新報社・編)  住宅新報社

行政書士試験六法

(行政書士試験研究会・著) 早稲田経営出版

宅建試験専用六法

(宅建ゼミ編集部・編) 佐久書房

ケータイ行政書士ミニマム六法

(水田嘉美・編) 三省堂

宅建受験六法

(不動産取引実務研究会・編) ビジネス教育出版社

行政書士試験合格六法

(コンデックス情報研究所・著) 成美堂出版

 

行政書士新六法

(法教育支援センター、週刊住宅新聞社)  週刊住宅新聞社

 **ご購入を希望される方は、こちら をご参照下さい。