[Home]

[法律サブノート トップ]

[副業関連記事一覧]

 

 

                            行政書士法

 

 

7.@ (    )は、行政書士の登録を受けた者が次の各号の1に該

当する場合には、その登録を(  )しなければならない。

 1 第5条[欠格事由]第2号から第5号まで、又は第7号に掲げる事

由の1に該当するに至ったとき。

 2 その業を(  )しようとする旨の(  )があったとき。

 3 (  )したとき。

 4 前条第1項の規定による登録の(  )の処分を受けたとき。

 A (    )は、行政書士が引き続き(  )年以上業務を行わな

いときは、その登録を(  )する(    )。

 B 第6条の2第2項後段[登録拒否事由]及び第3項[登録拒否の通

知]、第6条の3第1項及び第3項[登録拒否された場合の審査請求]並

びに前条第2項[登録取り消しの通知]の規定は、前項の規定による登録

の(  )に準用する。

7の2. この法律に定めるもののほか、登録の申請、登録の取り消し、

登録の抹消、行政書士名簿その他登録に関し必要な事項は、(    )

の(  )で定める。

8.@ 行政書士は、その業務を行うための(    )を設けなければ

ならない。

 A 行政書士は、前項の事務所を(  )以上設けてはならない。

9.@ 行政書士は、その業務に関する帳簿を備え、これに(  )の( 

 )、(    )、(    )、(    )の(    )その他

(    )の定める事項を記載しなければならない。

 A 行政書士は、前項の帳簿をその(    )とともに(    )

の時から(  )年間保存しなければならない。行政書士でなくなったと

きも、また同様とする。

10. 行政書士は、誠実にその業務を行うとともに、行政書士の(  )

又は(  )を害するような行為をしてはならない。

10の2. 行政書士は、その事務所の(    )に、その業務に関し

受ける報酬の額を掲示しなければならない。

11. 行政書士は、(    )がある場合でなければ、依頼を拒むこ

とができない。

12. 行政書士は、(    )がなく、その業務上取り扱った事項に

ついて知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなったときも、

また同様とする。

13.@ (    )は、(  )があると認めるときは、(  )か

ら(  )までの時間を除き、当該吏員に行政書士の事務所に立ち入り、

その業務に関する(  )及び(    )を(  )させることができ

る。

 A 前項の場合においては、(    )は、当該吏員にその(  )

を(  )する(  )を携帯させなければならない。

 B 当該吏員は、第1項の立入検査をする場合においては、その(  )

を(  )する(  )を関係者に呈示しなければならない。

 C 第1項の規定による立入検査の権限は、(    )のために認め

られたものと(  )してはならない。

 

 

 

14.@ 行政書士が、この法律若しくはこれに基づく(  )、(  )

その他(    )の処分に違反したとき又は行政書士たるにふさわしく

ない重大な(  )があったときは、(    )は、左の各号の処分を

することができる。

 1 (  )以内の業務の(  )。

 2 業務の(  )。

 A (    )は、前項第1号の処分をしようとするときは、(  

  )(平成5年法律第88号)第13条第1項の規定による(    

のための(  )の区分にかかわらず、(  )を行わなければならない。

 B (    )は、第1項の規定による処分に係る(  )を行うに

あたっては、その期日の(    )までに、行政手続法第15条第1項

の規定による(  )をし、かつ、(  )の(  )及び(  )を( 

 )しなければならない。

 C 前項の(  )の(  )における審理は、(  )により行わな

ければならない。

 

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)

 

 * 条文の最新版等は下記を参照して下さい。

行政書士受験六法

(行政書士受験六法編集委員会・編) 東京法令出版

最新 宅建六法

(住宅新報社・編)  住宅新報社

行政書士試験六法

(行政書士試験研究会・著) 早稲田経営出版

宅建試験専用六法

(宅建ゼミ編集部・編) 佐久書房

ケータイ行政書士ミニマム六法

(水田嘉美・編) 三省堂

宅建受験六法

(不動産取引実務研究会・編) ビジネス教育出版社

行政書士試験合格六法

(コンデックス情報研究所・著) 成美堂出版

 

行政書士新六法

(法教育支援センター、週刊住宅新聞社)  週刊住宅新聞社

 **ご購入を希望される方は、こちら をご参照下さい。