[Home]

[法律サブノート トップ]

[副業関連記事一覧]

 

 


                        行政書士法施行規則

 

1.@ 行政書士は、その事務所に別記様式第1に準じた(  )を掲示

しなければならない。

 A 行政書士は、行政書士法(昭和26年法律第4号、以下「法」とい

う)第14条の規定により業務の(  )の処分を受けたときは、その( 

 )期間中は、前項の(  )を(  )しておかなければならない。

3. 行政書士は、(    )以外の(  )でその業務に従事しては

ならない。

4. 行政書士は、その業務を(  )に行わせてはならない。

5.@ 行政書士は、特に(  )がある場合に限り、その(  )に関

して補助者を置くことができる。

6.@ 行政書士は、その業務を行うに当たっては、(  )でなければ

ならず、(    )を旨としなければならない。

 A 行政書士は、(  )又は(  )な手段で、依頼を誘致するよう

な行為をしてはならない。

7. 行政書士は、(    )がない限り、依頼の(  )に従って、

(    )にその業務を処理しなければならない。

8. 行政書士は、(    )がある場合において依頼を拒むときは、

その(  )を(  )しなければならない。この場合において依頼人か

ら請求があるときは、その(  )を(  )した(  )を交付しなけ

ればならない。

9.@ 行政書士は、(  )又は(  )の趣旨に反する書類を作成し

てはならない。

 A 行政書士は、依頼人の(  )しない書類を作成して報酬を受け、

又はみだりに書類の(  )を(  )して報酬の増加をはかるような行

為をしてはならない。

 B 行政書士は、書類の作成に当たっては、良質の(  )を使用し、

    )な文章で、(  )を明確に記載しなければならない。

 C 行政書士は、作成した書類の末尾又は欄外に作成の(    )を

付記し、(  )して(  )を押さなければならない。

 

 

 

10. 行政書士は、依頼人から報酬を受けたときは、別記様式第2によっ

て(    )の領収書を作成し、正本はこれに(  )し(  )を押

して(    )に交付し、副本は(  )の(    )につづって( 

 )年間これを保存しなければならない。

11. 行政書士は、(    )の会則の定めるところにより、業務上

使用する職印を定めなければならない。

12. 行政書士が第1号又は第2号に該当する場合にはその者、第3号

に該当する場合にはその者の(  )親等内の親族又はその者と(  

を同じくしていた者は(    )、その旨を、当該行政書士の事務所の

所在地の属する(    )の区域に設立されている(    )を経由

して、(    )に(    )なければならない。

 1 法第5条《欠格事由》第2号から第4号まで又は第6号に該当する

に至ったとき。

 2 その業を廃止しようとするとき。

 3 (  )したとき。

 

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)

 

 * 条文の最新版等は下記を参照して下さい。

行政書士受験六法

(行政書士受験六法編集委員会・編) 東京法令出版

最新 宅建六法

(住宅新報社・編)  住宅新報社

行政書士試験六法

(行政書士試験研究会・著) 早稲田経営出版

宅建試験専用六法

(宅建ゼミ編集部・編) 佐久書房

ケータイ行政書士ミニマム六法

(水田嘉美・編) 三省堂

宅建受験六法

(不動産取引実務研究会・編) ビジネス教育出版社

行政書士試験合格六法

(コンデックス情報研究所・著) 成美堂出版

 

行政書士新六法

(法教育支援センター、週刊住宅新聞社)  週刊住宅新聞社

 **ご購入を希望される方は、こちら をご参照下さい。