[Home]

[法律サブノート トップ]

[副業関連記事一覧]

 

                          

戸籍法

 

第9節 死亡及び失踪

 

86.@ 死亡の届出は、届出義務者が、死亡の事実を知った(  )か

ら(  )以内(国外で死亡があったときは、その事実を知った(  )

から(    )以内)に、これをしなければならない。

 A 届書には、次の事項を記載し、(    )又は(    )を添

付しなければならない。

 1 死亡の(    )及び(  

 2 その他(  )で定める事項

 B (    )事由によって(    )又は(    )を得るこ

とができないときは、死亡の事実を証すべき書面を以てこれに代えること

ができる。この場合には、届書に(    )又は(    )を得るこ

とができない事由を記載しなければならない。

87.@ 左の者は、その順序に従って、死亡の届出をしなければならな

い。但し、順序にかかわらず届出をすることができる。

 第一 (  )の親族

 第二 その他の(    )

 第三 (  )、(  )又は家屋若しくは土地の(    )

 A 死亡の届出は、(  )の親族以外の(  )も、これをすること

ができる。

88.@ 死亡の届出は、(    )でこれをすることができる。

 A 死亡地が明らかでないときは(  )が(  )に(  )された

地で、汽車その他の交通機関の中で死亡があったときは(  )をその交

通機関から降ろした地で、(    )を備えない船舶の中で死亡があっ

たときはその船舶が最初に入港した地で、死亡の届出をすることができる。

 

 

 

89. 水難、火災その他の事変によって死亡した者がある場合には、そ

の取調をした(  )又は(  )は、(    )の(    )に死

亡の報告をしなければならない。但し、外国又は(    )で定める地

域で死亡があったときは、(    )の(    )の(    )に

死亡の報告をしなければならない。

90.@ 死刑の執行があったときは、(  )の(  )は、遅滞なく

(    )の(    )に死亡の報告をしなければならない。

 A 前項の規定は、(    )死亡した者の(    )がない場合

にこれを準用する。この場合には、報告書に(    )又は(    )

を添付しなければならない。

91. 前2条に規定する報告書には、第86条第2項に掲げる事項を記

載しなければならない。

92.@ 死亡者の本籍が明らかでない場合又は死亡者を(  )するこ

とができない場合には、(    )は、(    )を作り、これを添

付して、遅滞なく(    )の(    )に死亡の報告をしなければ

ならない。

 A 死亡者の本籍が明らかになり、又は死亡者を(  )することがで

きるに至ったときは、(    )は、遅滞なくその旨を報告をしなけれ

ばならない。

 B 第1項の報告があった後に、第87条第1項第1号又は第2号に掲

げる者が、死亡者を(  )したときは、その日から(  )以内に、死

亡の届出をしなければならない。

93. 第55条[航海中の出生]及び第56条[公設所での出生]の規

定は、死亡の(  )にこれを準用する。

94. 第63条第1項の規定は、(    )又は(    )取消の

裁判が確定した場合においてその裁判を(  )した者にこれを準用する。

この場合には、(    )の届書に民法第31条の規定によって(  )

したとみなされる(  )をも記載しなければならない。

 

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12)

 

 * 条文の最新版等は下記を参照して下さい。

行政書士受験六法

(行政書士受験六法編集委員会・編) 東京法令出版

最新 宅建六法

(住宅新報社・編)  住宅新報社

行政書士試験六法

(行政書士試験研究会・著) 早稲田経営出版

宅建試験専用六法

(宅建ゼミ編集部・編) 佐久書房

ケータイ行政書士ミニマム六法

(水田嘉美・編) 三省堂

宅建受験六法

(不動産取引実務研究会・編) ビジネス教育出版社

行政書士試験合格六法

(コンデックス情報研究所・著) 成美堂出版

 

行政書士新六法

(法教育支援センター、週刊住宅新聞社)  週刊住宅新聞社

 **ご購入を希望される方は、こちら をご参照下さい。